辛い夜間頻尿の対策方法とは?

 

頻尿のなかでも、多くの人が悩んでいるのが夜間頻尿です。

就寝してから1回以上排尿のために起きる方、そしてそれが原因でストレスや睡眠不足になっている方はいませんか?

それはもしかすると、夜間頻尿かもしれません。

夜間頻尿は男女関係なくかかりやすい病気ですが、女性の場合は女性ホルモンが関係していることもあるのです。

そもそも女性は、閉経後に女性ホルモンのバランスが大きく変わることから尿トラブルがおきやすくなります。

夜間頻尿は悩まれている方も多いのですが老いが原因だから仕方ないと諦めてしまう方も多く、見過ごしてしまう方が多いと言います。夜間頻尿でも自分で出来る対策がいくつかありますので、ご紹介したいと思います。

夜20時以降の水分補給は出来るだけ控える。特にコーヒーや紅茶などの利尿作用が高い飲み物は排尿の回数が増えてしまいます。夜寝る前のアルコールにも注意!浅い眠りになってしまうだけでなく、やはり夜間の排尿回数が増えるもとになります。

また、むくみも夜間頻尿の原因になることがあります。むくみやすい体質の人はお風呂でしっかり身体を温める。マッサージをするなどで出来るだけむくみを抑えることも効果的です。むくみなどで足に溜まった水分は夜間に尿となり、身体が排出しようとするため夜中に何度も尿意で目覚めるようになってしまいます。

単純なことですが実践しやすく、夜間頻尿を抑えるためにも効果的な方法ですので試してみてはいかがでしょうか。

夜間頻尿は夜中に何度も尿意を感じて起きれしまうことだけでなく、睡眠不足から日中の集中力の低下、イライラ、眠りが浅いため疲れがとれずに倦怠感を感じるなど多くのマイナスがあります。

多くの方が諦めてしまっている夜間の頻尿ですが、年齢のせいだと諦めずに自分で出来る対策を実践したりサプリメントに頼ってみるのも良いですね。朝までぐっすり眠れるように自分に合った方法で夜間頻尿を解消していければと思います。